2軸クロール 完全マスターBOOK

日本人の知らなかった世界基準の泳ぎ方がここに!

日本では1軸クロール(従来の型のクロール)が主流ですが、世界のトップスイマーはほとんどが2軸クロール。
日本でもこの型に切り換えてたちまち自己ベストを更新する選手が続出しています。
しかも2軸の動作は人間の身体構造に合ったものなので、関節や筋肉に無理な負担をかけず、
初心者でも大人でも故障をすることなく泳ぎ続けられます。
つまり2軸クロールは「楽に、ケガせず、速くなる」画期的な新泳法なのです!

シドニーオリンピック400m個人メドレーの銀メダリスト・田島寧子を指導した、藤森善弘による2軸クロール理論をマスターしよう!

ローリングとローテーションを学ぶ
体幹の回転ではなく、腕の回旋がローリング
水の抵抗を軽減する左右の重心の切り替え
加速が乗る瞬間は、重心が切り替わるタイミング

2軸クロール体得の難解プル
肩の延長線上に人差し指と中指から入水
大きな推進力のためには手首を使ったキャッチが必要
体重を前に乗せやすい浅い位置のキャッチ
手のひらと前腕で面を作るハイエルボー
ハイエルボーの形を崩さず自然にひじから抜きあげる
推進力を生み出すのはハイエルボーまで

2軸クロールのキックと呼吸
プルで最大限の推進力を得るためのキックを目指す
理想のキックは幅20センチ。ムチのようにしならせる感覚で
呼吸動作に入るのは水を押し終えてから

・著者:藤森善弘
・A5版 160ページ
  • 1,260円(税込)

型番 2mb